AIRBICティザーページを表す画像

イノベーションの創出に向けた
新たな産学交流・研究開発施設
AIRBICが2019年1月に
オープンします

What is AIRBIC?に関する画像

What is AIRBIC?

「新川崎・創造の森」に
AIRBICが仲間入りします

最先端の研究開発に対応したオフィス・ラボスペースは、民間運営による中長期プロジェクト向けのイノベーションフロアと公共運営によるベンチャー企業向けのインキュベーションフロアで構成されており、研究活動を支える飲食、カンファレンス機能等、共用部の充実も実現します。

AIRBIC’s Facilities充実した施設環境

  • 飲食・カフェスペースを表す画像

    飲食・カフェスペース

    研究者に日常的な飲食を提供し、カンファレンス後の交流会も可能なレストラン・カフェ。開放感があるテラス席も整備されています。※写真はイメージです

  • 多目的会議室を表す画像

    多目的会議室

    スライドウォールで間仕切り可能な多目的会議室(最大8分割)は、少人数のミーティングから300人規模のシンポジウムまでフレキシブルに対応します。

  • エントランスを表す画像

    エントランス

    最先端の研究開発を支援する施設にふさわしい、モダンで上質なデザイン性の高いエントランス。

AIRBIC’s Specification / Floor Mapフロアマップ

2階 インキュベーションフロアを表す画像

2階 インキュベーションフロア

川崎市運営(インキュベーション約3,500平米)

「賃貸ラボ」

●1室あたり40m²~130m²程度
●積載荷重10,000N/m²・OAフロア・耐薬品性置敷ビニル床タイル仕上の研究スペースが約1,000m²
●積載荷重5,000N/m²・OAフロア・耐薬品性置敷ビニル床タイル仕上の研究スペースが約2,500m²
●スタートアップ企業だけでなく、第2創業、社内ベンチャー、産学連携プロジェクトの研究室として利用可能
●入居者には、インキュベーションマネージャーによる経営・資金調達等の支援を提供
●入居者には、オープンイノベーションコーディネーターによる販路拡大・技術提携等の支援を提供
●利用料は月額4,000円/m²(共益費込)、敷金無し

「入居条件」
●研究開発型企業で開業後5年以内の会社もしくは、研究開発を伴う新事業進出を計画している会社
●川崎市による利用許可審査あり
「運営・管理者」
●運営者:川崎市
●指定管理者:かわさき新産業創造センター共同事業体 (公財)川崎市産業振興財団、バイオ・サイト・キャピタル(株)、テクノロジーシードインキュベーション(株)、三井物産フォーサイト(株)
1階 オープンエリア(共用部)を表す画像

1階 オープンエリア(共用部)

会議室、交流スペース、食堂、物販、オフィス・ラボ(民間賃貸1,200平米)
駐車場・駐輪場:自動車32台(一般27台、荷さばき5台)、自転車56台、自動二輪10台

「会議室」

●8室に分割可能な入居者向け会議室約500m²(利用料無料)。
●隣接するホワイエを活用し、300人規模の会議・レセプションの開催可能(利用許可審査あり)

「飲食・物販スペース」

●ランチ、商談に利用可能な本格的レストラン(ホテル精養軒が運営)
●会議やイベント後の懇親パーティー・交流会にも対応(予約制)

AIRBICに関するお問い合わせはこちらから

かわさき新産業創造センター
〒212-0032 川崎市幸区新川崎7-7 創造のもり地区内
電話:044-587-1105
E-mail:nyukyo□kawasaki-net.ne.jp(□を@に変換して下さい)