お知らせ詳細ページを表す画像

セミナー「電気自動車用二次電池のこれからの展開 」News

リチウムイオン二次電池(LIB)が開発されて30年になろうとしている。   LIBの構成は、本質的には変わらず、正極活物質、負極活物質、セパレーター、電解質の四大素材により構成されている。安全性の確保は当然として、エネルギー密度向上、出力密度向上、耐久性向上、コスト削減が進められている。
一方、大型化に伴い、大量の資源が必要になり、コバルトなどの資源が逼迫する懸念が生じている。また、電解質を、従来の電解液から、固体電解質にした全固体LIBの電気自動車の実用化も進んでいる。
本セミナーでは、これらの電気自動車用LIBの現状と将来について、上記四大素材の現状と将来の解説を通じて理解を深めたいと思います。

——————————————————————————————————-

【会  場】  かわさき新産業創造センター(KBIC本館2階 大会議室)

【日  時】  令和元年 10月16日(水) 16時00分~18時00分

【講  師】  渡辺春夫氏 技術士(化学部門)

【受  講  料 】  無料

【定   員】  30名(申込順)

【対   象  者】  経営者、管理者、実務担当者等

【申込方法】  FAXまたはE-mail(裏面参照)

【申込締切】  令和元年 10月15日(火)

★詳細・お申込方法は コチラよりご参照ください。 ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。